中心性漿液性網脈絡膜症

  • HOME
  • 中心性漿液性網脈絡膜症

中心性漿液性網脈絡膜症

20~50歳(特に30~40歳)台の働き盛りの男性に多く、ストレスが原因といわれています。網膜中心部の黄斑部が腫れてくる病気です。見ようとする所が暗く見えたり、ゆがんで見えたり、小さく見えたりします。視力もやや低下することもあります。治るまで時間がかかります(最低2~3ヶ月)が、予後は良い病気です。ただ再発も多くみられ、出来るだけストレスがかからない様にする必要があります。