円錐角膜

円錐角膜

思春期以後に発病し25歳くらいで自然に進行が止まることが多いようです。多くは両眼性で原因不明です。 角膜中央部が円錐状に突出して強い近視と乱視を生じます。治療は角膜の突出を防ぎ、視力を矯正する目的でハードコンタクトレンズを装用します。