結膜下出血

  • HOME
  • 結膜下出血

結膜下出血

白目の表面を覆っている結膜(眼球結膜) の下の小さな血管が破れて出血したものです。目をこすったり、咳込んだり、何かが目に当たった時に見られます。血液そのものの色ですので、白目が真っ赤になるため、びっくりされることが多いようです。まれに高血圧や血液疾患等全身疾患の一分症として見られることもありますが、ほとんどの場合は心配する必要はありません。出血量にもよりますが、放置しても1~2週間で自然吸収されます。