翼状片

翼状片

白目(眼球結膜)の鼻側から黒目(角膜)の中心に向かって肉片のような物(翼状片)が伸びていく病気です。 原因は不明ですが、潮風や紫外線によく当たる人に多いといわれています。 治療は手術しかありませんが、手術後再発する事がよくありますので、小さいものは手術しないで様子をみます。瞳孔にかかる程大きくなったものは手術が必要です。小さいままで大きくならない場合もあります。 また翼状片は血管を多く含んでいるため赤く見えます。これが気になる場合も手術することがあります。