屈折異常

屈折異常

遠くのものを見るときに、網膜上にピッタリとピントが合う目のことを正視といいます。近視とは、遠くのものを見たときに、網膜より前にピントが合う目のことです。原因は水晶体の屈折率が強くなっているか、目の前後径(目の前後の長さ)が長くなるための2つの場合があります。遠くをはっきり見るためには凹レンズでの矯正(メガネやコンタクトレンズ)が必要です。遠視とは、遠くのものを見たときに、網膜より後ろにピントが合う目のことです。水晶体の屈折率が弱いか、目の前後径が短いことが原因です。ごく軽度の場合は遠くを見ようと努力すると、ピントを合わせることが出来ますが、努力が必要なため疲れやすくなります。凸レンズでの矯正が必要です。乱視は角膜の縦方向のカーブと横方向のカーブが異なっている目のことです。乱視矯正用レンズでの矯正が必要です。