医療法人社団曽谷医院(兵庫県加古川市)/白内障・緑内障・屈折矯正・ドライアイ・コンタクトレンズ
白内障・緑内障・屈折矯正・ドライアイ・コンタクトレンズ

トップページ
 
トップページ ご挨拶
 
お知らせ
 
当院のご案内
 
アクセスマップ
 
診療内容
 
よくある症状
 
手術について
 
メール無料相談
 
ご予約について
 
紹介先病院
 
リンク集
 
 
                 休診日
   午後休診日
                         
      糖尿病性網膜症


      糖尿病性網膜症

血糖値が高くなると血中の糖と蛋白が結合した糖蛋白が眼底にある毛細血管の内壁にたまり、血管の内腔が狭くなるため血液が流れにくくなります。こうなると網膜に酸素不足を起こしますので生体が新生血管を急造します。新生血管はもともとある血管にくらべ非常に弱いため、次々に破れて出血や網膜の腫れを起こします。初期には自覚症状は全くありませんが、出血や腫れが網膜の黄斑部に出てくると急激に視力が低下してきます。日本では成人の失明原因の第1位となっており、非常に恐ろしい病気です。




このページの先頭に戻ります